top>ヒューマンインターフェース班


‖ヒューマンインターフェース班

本研究ではコンピューターやその他の機器を用いることにより,仮想空間における物体や人物に対して,人間の五感,すなわち視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚を体験できるヒューマンインターフェイスのシステムを研究しております.(HumanInterface)


ヒューマンインターフェース班


研究発表

タイトル 発表者 発表学会 発表年
曲面のリアルタイム形状によるCGロボットの表情変化の実現 保坂悠太、杉本裕介、西 陽一郎、加藤清敬 情報処理学会第68回全国大会
vol4 pp57-5 (2007.3.6)
2007
Virtual Human using Computer-Graphics and Sensors Asami Takayama, Yusuke Sugimoto, Akio Okuie, Yoichiro Nishi, Yuta Hosaka,
K.Kato
the 11th Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (WMSCI 2007), July 8-11, 2007 ・Orlando, Florida, USA.(CD-ROM) 2007
Object Recognition by Virtual Learning using Computer Graphics ]yuta Muramatu, Satoshi Tateishi, Yusuke Takahashi,Kiyotaka Kato 2006 International Symposium on Flexible Automation, pp.793-799 2006
Object Recognition using Simultaneous Pattern-Matching in Virtual Environment Yusuke Takahashi, Yuta Muramatu, Kiyotaka Kato SICE-ICCAS International Joint Conference 2006,pp.5579-5583 2006
CGとセンサによるロボットのCG頭部実現方法 鈴木智也, 高山麻美, 杉本裕介, 加藤清敬 情報処理学会論文誌 Vol.46, No.12, pp. 3188-3196 2005
Virtual Human with Regard to Physical Contact and Eye Contact Asami Takayama, Yusuke Sugimoto, Akio Okuie, Tomoya Suzuki, Kiyotaka Kato IFIP 4th International Conference on Entertainment Computing 2005
Human-Robot Interface using Computer Graphics and Sensors -Toward Physical contact and Eye contact- Akio Okuie, Yusuke Sugimoto, Asami Takayama, Tomoya Suzuki, Kiyotaka Kato Society of Instrument and Control Engineers Annual Conference 2005 2005
CGとセンサを用いたロボットにおける目の表現 高山麻美, 鈴木智也, 加藤清敬 Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2005 2005
バーチャルヒューマンのCGとセンサによる実現 -タッチパネルを利用した頭部形状変化- 高山麻美, 鈴木智也, 新井政行, 加藤清敬 情報処理学会第66回全国大会 2004
Human-Robot Interface Using Computer Graphics and Sensors Masayuki Arai, Tomoya Suzuki, Kiyotaka Kato Proceedings of 6th Japan-France Congress on Medhatronics and 4th Asia-Europe Congress on Mechatronics p374-379,Tokyo Denki University, Hatoyama, Japan 2003
CGとセンサの融合によるロボットの頭部の実現方法 -タッチパネルを利用した皮膚の表現- 鈴木智也, 新井政行, 加藤清敬 日本ロボット学会学術講演会講演概要集p207 2003
バーチャル・ヒューマンにおけるセンサと流体解析を利用した髪の表現 鈴木智也, 新井政行, 加藤清敬 情報処理学会第65回全国大会講演論文集 2003
仮説推論を用いた適応的マニピュレーション 海村静也, 加藤清敬 情報処理学会第65回全国大会講演論文集p2-227-228 2003
Manipulation with Autonomous Learning and Reasoning Seiya Umimura, Daisuke Suzuki, Kiyotaka Kato Proceedings of 6th Japan-France Congress on Medhatronics and 4th Asia-Europe Congress on Mechatronics p547-522, Tokyo Denki University, Hatoyama, Japan 2003
CGとセンサの融合によるロボットの顔の表示方法  新井政行, 加藤清敬 画像電子学会・情報処理学会visual computing グラフィックスとCAD合同シンポジウム2002予稿集p19-24 2002
次世代マルチメディアによる遠隔制御システム 井上陽, 加藤清敬 情報処理学会第64回全国大会 4(689-693) 2001